アスベスト健康被害とは

アスベスト健康被害とは

アスベスト(石綿)による健康被害とは、飛び散ったアスベスト(石綿)を吸込むことにより、石綿肺、中皮腫や肺がんなどを発病することをさします。
また、アスベスト(石綿)にばく露してから健康被害がわかるまでの潜伏期間は非常に長く、たとえば、肺がんの多くは15~40年、中皮腫は20~50年も経ってから発症すると言われています。

なお、アスベスト(石綿)に直接ばく露(さらされて、吸込むこと)する製造工場や、アスベスト(石綿)含有建材などを扱う建設現場などの労働者はもちろん、持ち帰った作業着などを洗う際に家族が吸込んだり、工場などからの飛散を近隣住人が吸込んだりした、などの低濃度のばく露でも、中皮腫などのがんを発症した例があります。

現在、新たなアスベスト(石綿)製品の製造・使用等は原則として禁止されています。
しかし、アスベスト(石綿)は、その繊維が極めて細く、熱や摩擦などに強く丈夫で変化しにくい特性を活かして、保温材、断熱材などの建材や防音材などに使用されていたため、それらの製品を製造する工場で働いていた方々や、アスベスト(石綿)を含む建材を扱っていた建設労働者の方々がばく露し、当時から数十年経った今、健康被害者が急増しているのです。

アスベストの健康被害に遭われた方は、アスベスト被害をうけた状況(作業内容や作業場所)により救済方法が異なります。労災保険や石綿健康被害救済給付のほか,国への賠償金(もしくは給付金)や企業への損害賠償を請求する方法があります。国への賠償金(もしくは給付金)請求には,いわゆる工場労働者型と建設労働者型という類型があります。

「心当たりはあるけれど、どちらの型の対象となるかわからない」という方は、お一人で悩まず、ぜひ一度アディーレにご相談ください。

0120-881-920

朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

ご相談は何度でも無料です。
Webやお電話でのご相談OK!
お気軽にお問い合わせください。