よくある質問

よくある質問

アスベスト(石綿)健康被害の賠償金(和解金)請求を弁護士に依頼するメリットは何ですか?

アスベスト(石綿)健康被害の賠償金(和解金)請求をご本人のみで行うことは不可能ではありませんが、どこで石綿製品に触れる機会があったのかを特定するのが難しい場合があります。また、健康被害を受けた方がすでにお亡くなりの場合、ご家族は仕事の内容が分からず、病気の原因が仕事にあることを説明できない場合があります。そして、賠償金(和解金)の受給要件を満たすための資料の収集や調査、裁判を起こすのに必要な書類(訴状など)の作成、裁判所への出廷など複雑で煩雑な対応に追われ、膨大な時間や手間がかかります。そのため、医療や法律・裁判に関する専門的な知識をお持ちでないと、さまざまな困難が伴います。
ご本人の対応だからといって、裁判所が甘めに判断してくれることはありませんし、裁判所に行くことひとつにも手間がかかります。裁判所からより適切な判断を受け、賠償金(和解金)を受給するためには、手続に精通し、医学的な資料の取扱いにも慣れた弁護士にご依頼されることをおすすめいたします。また、弁護士に依頼した場合には国からの賠償金(和解金)に弁護士費用10%が加算されますので、経済的負担は少なくなります。
ご自身では和解が困難と思われる案件でも、弁護士が代替資料の提案や国への交渉をすることで、和解となる可能性があります。

アスベスト被害相談に関するよくある質問

アスベスト(石綿)
健康被害賠償のことなら
ご相談無料・全国対応

0120-881-920

朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

メールで無料相談

0120-881-920

朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

アスベスト(石綿)健康被害相談に関する
ご相談は何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。